ドカベン

昭和後期に小中高校時代を過ごした親父です。話題が古くなってすみません。
私の忘れられない印象深いアニメは、水島新司さんの野球アニメ「ドカベン」です。
このドカベンのおかげか、それともそのせいか、小中学校時代は、野球一辺倒でした。
その頃は、家では祖父やお父さんと一緒に、テレビで巨人戦ナイターを毎日見ていて、
学校では休み時間はテニスボールを使った野球、週末はリトルリーグで野球、地元でも
地区の仲間とソフトボールで遊んでいて、年がら年中、とにかく野球馬鹿でした。
そんな野球馬鹿だった子供時代には、多くの野球アニメがありました。ざっと思いつくだけでも、
巨人の星、男どあほう甲子園、一球さん、侍ジャイアンツ、タッチ等、初期のスポーツ根性もの
から段々青春恋愛ものに変わって行った感じはしますが、共通点は全て野球でした。
そんな子供の頃に没頭して燃えつくした野球をテーマにしたアニメの中でも、ダントツ、ぶっちぎりで
私の中のナンバーワン、それが「ドカベン」です。このアニメが面白かったのは、その登場人物の多彩さと個性派揃いなところ、そして、野球の基本的なクリーンナップや技術的な面は、しっかり押さえていたところに魅力があり、ひかれたんだと思います。
野球は大抵、1番に出塁率の良い人を使います。このアニメでは、岩木です。花は桜木、男は岩木、と口ずさみながら登場するこの男がめちゃくちゃキャラの濃い男でした。大阪弁で口に葉っぱを加えて、確か好きな女性が現れると、花が開いたり、訳がわからず、面白かったです。そして、この男は、型破りで、どんなボールでも飛びついて打ちまくります。超積極的でユニークなキャラクターでした。2番バッターは、殿まくんです。一番好きでした。彼は秘打の天才です。もともとピアニストだった彼は、何故か野球をやることになり、秘打を次々と生み出します。秘打、白鳥の湖が一番印象深いかな~もうまだ2番なのに~
3番はセンター山岡君、普通の人だったけど、もしかしたら微笑み三太郎だったかなぁ。4番は主人公、ドカベン。あだ名の由来は、確か、持っていた弁当がデカくて、岩木がつけたと思います。とにかく、後はピッチャー里中君とか、色々面白い個性派ぞろいのドカベンは忘れられません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です