SF人喰いアメーバの恐怖(映画)

映画「SF人喰いアメーバの恐怖」は、人気俳優だったスティーブ・マックイーンの無名時代の主演映画になります。私は、まだ小学生で、当時流行っていたテレビの洋画劇場で初めて見ました。この頃は、類似品で人食いクモとかSFものが多かった気がします。でも幼かった私は完全にハマりました。人喰いアメーバの恐怖は、本当に怖くて、その後、独りでお風呂もトイレも行けなくなったのを覚えています。宇宙から来た異性体アメーバが、その後、人を町を全てを食い尽くす様は、今にして思えば非現実的ではありますが、発想の自由を彷彿させて、特に、まだ現実を知らない子供達には、本当に恐怖そのものでした。でも、大人になって振り返ってみると、ああいう面白い発想が、人間の想像力を高めていく源になって行ったのではないかと思っています。加えて、洋画全体に言える話ですが、夢のような話を、実写でやってしまうのが、アメリカを始めとした洋画の凄い所だと感心しました。日本の映画では、町全体がアメーバに喰われてしまうなんて、発想も実写も難しいし、やったとしてもアニメになってしまうから、どうしてもリアル感が抜けてしまうけど、そこは流石、アメリカ映画だなって、思いました。あと、実はこの映画のリメイク版が30年後の1988年に公開されます。そのタイトルは、映画「ブロブ/宇宙からの不明物体」になります。ほぼSF人喰いアメーバの恐怖に準拠していますが、やはりリメイクだけあって、30年経ち、SFX技術も向上し、リアル感や恐怖の度合いは、リメイク版の方が上です。こちらも併せて、ご覧頂けると、尚一層、面白いと思います。念のため、見る順番としては、先に、元祖を見て、後でリメイク版を見た方が良いと思います。それでは、SF人喰いアメーバの恐怖をお楽しみください。

ワキガクリーム 口コミ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です